インカジの意味および問題点

インカジという言葉を見たり聞いたりしたことはありますか?インカジはインターネットカジノの略であり、言葉としてオンラインカジノとは一見類似しているように見えますが、実際には区別することが多く、且つ問題も多いと言われています。

インカジとは

インカジはカジノカフェと同義であり、繫華街などでひっそりと運営しているオンラインカジノで遊べるお店ということになりますね。
しかし、カジノカフェは違法であり、十分注意しなければならないのです。
「何を注意したら良いのでしょうか?」このように思うかも知れませんね。カジノカフェは賭博行為をおこなっており、お店で遊んでいるだけで賭博罪に問われてしまう可能性があるのですよ。


インカジ摘発

インカジはカジノカフェと同義ということになるのですが、このインカジが摘発されたのです!驚きをもって報道されたのが2006年の2月京都のカジノカフェでのことでした。
この事件による逮捕者は店舗スタッフ2名と客2名の合計4名だったのですが、オンラインカジノでの逮捕劇が初めてなので、各方面に多大なる衝撃を与えることとなったのです。
今までは、オンラインカジノを日本の法律に照らし合わせたところで、賭博罪に問うことはできないとされていました。常識が覆される結果は、驚きとしか言いようがありません。
次の項目で、警察の見解について触れておきましょう。

賭博罪逮捕の見解

この事件における背景は、暴力団関係者への資金源を断ち切ろうとする警察の強い思いがあったのだと思われます。オンラインカジノを利用した店舗ではあるのですが、現金のやり取りを店舗内でおこなっており、これを胴元行為と見なした格好です。
店舗側がカジノサイトと契約を結ぶことでボーナスチップを受け取っており、これを利用することで利益を上げていたのでしょう。いずれにせよ、日本国内でギャンブルの胴元行為は賭博罪に該当しますから、言い逃れできません。


摘発・逮捕の顛末

この事件における顛末なのですが、客2名は単純賭博罪、店舗スタッフ2名は常習賭博罪が適用されることになりました。単純賭博罪の場合には、軽い罰金で済むということですが、常習賭博罪となりますとそうはいきません。今回の場合では、店員に対しての判決で懲役2年・執行猶予5年および追徴金1億139万円という非常に厳しい刑が言い渡されることとなったのです。

まとめ

現在、日本でオンラインカジノが賭博罪に問われることはありません。しかしながら、形態によりましては十分注意しなければならない事例が発生しているのです。最新の情報に触れるよう心掛けてください。